ブログを見る

金森整骨院 (金森気功整体院)モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

 
HOME > スズキトリートメント(姿勢・骨盤矯正)
スズキトリートメント(姿勢・骨盤矯正)

大阪初のカイロプラクティックテクニック(姿勢矯正法)

ご存じの方も多いかと思いますが、カイロプラクティックとは19世紀末にアメリカで生まれた骨格矯正法です。
このカイロプラクティックの手法に東京の鈴木勇先生が考案し改良した理論や器具を加えて新しく出来上がった姿勢矯正法をスズキトリートメントと言います。

スズキトリートメントでは主に全身の土台となる骨盤を正しい位置に矯正する事(同時に関節のロックを取り除きます)によって、  身体の軸をつくると同時にバランスをとり脳から全身へ送られる神経の伝達を促し、自然治癒力を高めることを目的にしています。

矯正する際に使う器具(スズキトリートメント・アジャスター)先端の接触部が小さくなっているおかげで、通常なら矯正しづらい小さなポイントも安定的に矯正できるので非常に緻密な矯正が可能となり、若年者や小柄な女性または高齢者の方にも安全で効率的に施術を行っております。もちろん、体格のしっかりした方にも効果的です。

施術風景
ピンポイントで調整する為、身体への負担が軽減出来ます
スズキトリートメント アジャスター
鈴木勇先生(当院にてセミナー中)

姿勢の歪みについて

私達は日常、様々な場面でメンタル的にも肉体的にも多くのストレスにさらされています。
また仕事や家庭において は不自然な体勢を長時間続けることにより、いわゆる姿勢のクセが誰しも少なからず身に付いてしまっています。

そして、その姿勢のクセは健康な状態ではたいした症状を引き起こさないのですが、疲労やストレスが蓄積されたり、毎日無理な体勢を続けることによって身体の傾きや捻りが強くなってくると徐々にであったり時には急激に著明な症状として現れます。
その症状は神経・筋肉・内臓など様々な種類に及びます。

脳から出た神経は身体の隅々の血管や筋肉・リンパなどの全ての器官を制御して、健康な状態を維持しています。その神経は骨と骨の間を通っていますが、姿勢が乱れることで神経の流れを阻害し、治癒力を低下させてしまいます。

その為に骨のズレを整えることで 、神経の通りをよくして脳からの伝達を良好にし、自然治癒力を高めていくのです。
しかし最も大事なのは骨のズレを整えるだけでなく、何故そこがズレたのか?を追求し排除することなのです。

facebook金森整骨院では、自分で出来る姿勢の歪みチェックを動画で説明させて頂いております。
(ここをクリックすると新しいウインドウが開き、facebook金森整骨院のページが表示されます。) 

大学での研究の結果

「医師がすすめる最高の名医」に選ばれた医師 菅原健先生により、国立山梨大学医学部にて研究された結果、このスズキトリートメントが生態学的に、筋骨格的に見ても正しいし理論的であることが証明されてきています。
また学会にて、スズキトリートメントについての論文発表もされています。
菅原 健 医師

スズキトリートメント施術で健康な第2の人生を

これは、とある80代男性のお話です。 

この患者さんは70代まで会社勤めをされ、80歳になる頃には年金で生活をされていました。

 

もともと心臓があまり強い方ではなかったそうですが、特に自覚症状もなく日常生活では普通に運動もしておられました。

 

ただ、若い頃は腰痛に悩むことが多かったようで、現在に至るまでの数年来は2週間に1度の頻度でスズキトリートメント施術を受けて体調管理をされておられました。

 

ある時、施術の際にこの男性は食欲がないと訴えられました。

 

胃へ繋がっている神経の流れが改善されると通常なら軽い胃の不調などは治まることが多いので、その神経の流れを良くする為に、この日もスズキトリートメント治療を施しました。

 

施術が終わった後、胃のつかえが取れたようで楽になったとの事でした。

 

数日後、電話で様子をうかがってみますと、施術直後は良くなった症状が、また再発しているとのことでした。

 

施術後、神経の流れが改善していたにも関わらず、そしてそれにより症状が楽になったにも関わらず、症状がすぐに再発すると云うことは、何かしら内臓に問題があるのではないかと考えた為、病院への受診を奨めさせて頂きました。

何故なら、スズキトリートメント施術で神経の流れが良くなると、自然治癒力が高まっており、自分の脳が神経を通して血行を回復させ、内臓の機能や免疫力などを高め、自分の身体自身が治してくれるのです

 

この方も、その理由から施術後には一旦症状が消えました。

 

しかし、通常ならそのまま治まってしまう症状が、すぐに再発してしまいました。

 

その為に男性の自然治癒力が追いつかない程の問題が内臓自体にあるということを暗示していると考えたのでした。

 

その後、男性はすぐにかかりつけの病院へ受診されましたが、特に検査をすることもなく異常なしという診断を受けて帰ってこられました。

数日経過を診ておられたそうですが、相変わらず食欲が無く、倦怠感や下痢も続くようになりました。

 

今度は別の病院を再度受診するように奨めましたところ、2度目に受診された病院では心臓が弱っているとのことで、緊急に入院されたのです。

 

そして、2週間後その方は安らかに天に旅立たれました。

 

入院中は食事も水分もあまり取らずに、まるで木が枯れるように静かに苦しむことなく亡くなられたとのことでした。

 

後で聞いた話ですが、本来人間の身体は死を迎える直前に徐々に水分を体外に排出していくという話でした。そして、その期間は通常約2週間ぐらいだそうです。

 

そう考えると、この男性の異変が起きたときには、もう身体は既に人生の幕を引く準備をしていたのかも知れません。

 

 

どれほど医療が発達したとしても、私達もいつかは天に召されます。

 

その時が来るまでは出来るだけ普段と変わらない生活を営み、その時が来たときには安らかに眠るように最後を迎えたいということは、誰しも願うところではないでしょうか?

 

 

そういう意味では、この男性は、ほぼ理想的な晩年をおくり、最後を迎えることが出来たと云えると思われます。

 

 

 

では何故、この男性は晩年を有意義に過ごし、亡くなる直前には限りなく自然な状態で旅立つことが出来たのでしょうか?

 

一言で言えば、『寿命を全うする、その瞬間まで健康であったからだと云えると思います。

 

つまり、この男性の身体は、自然治癒力が旺盛であったといえます。

自然治癒力とは脳から全身にくまなく張り巡らされた神経を通して、すべての身体の機能がバランス良く働いていたと云うことなのです。

また、脳は自分の心身を常に守ろうとしますので、自分の寿命を無意識に察知すると、なるべく自然で安らかな最後を迎えようと、身体に準備させる為に神経を通して命令を出します。

 

自然治癒力とは、本来個々が持っている以上に無理に寿命を延ばすという事は出来ませんが、元々与えられている体と心を良く維持して、天に旅立つ際には、その準備を滞りなく行う事で

安らかで静かに身体中の機能を止めることが出来る能力という一面もあるのです。

 

この男性の場合も、脳が元気で神経の通りが良く自然治癒力が旺盛であった為に、よほどの病気やケガでない限り、これまではなにも問題無く身体は治してくれていました。

 

そしてこの様な場面にでは、その自然に備わっている人間本来の力が今度は静かに人生の幕を引く為に働きだしたと云えます。

 

その働きのひとつの現れとして少しずつ水分を体外に排出していくということがおこったのです。

 

またこの時に点滴などをして、せっかく身体から排出した水分を再び体内に戻すようなことがあると、しばらくは寿命が延びるかも知れませんが、結果的には自然な身体の働きに逆らうことになる為、患者さん自身はかえって辛くなってしまうといった話も聞きます。

 

 

またこの男性は、定期的な骨格調整(スズキトリートメント施術)により筋肉や関節などにも、大きな問題は起きなかった為に運動も十分におこなえておりました。(ここ何年も、この方は生活に支障があるような腰痛を再発することはありませんでした。)

認知症を患う最も大きな要素に、運動機能の低下による寝たきりなどがあることはよく知られています。

 

 

このようなことから、施術では痛みや痺れと云った症状を治すことが大事ですが、ただそれだけではなく、日頃からの健康管理を大切に考えて、自分の身体に本来備わっている自然治癒力を最大限に発揮出来るように努め、多くの方々が健康的に人生を謳歌して頂きたいと思います。

スズキトリートメントの効能例 (膝の一例)

整骨・鍼灸・カイロプラクティック等の業界では、『腰とヒザは必ず一緒に悪くなる。

ということがよく言われます。 

これは腰という患部から離れた一見関係なさそうな場所が、ヒザの痛みに いかに大きく影響しているかという意味です。

 

上の画像は定期的にスズキトリートメント治療を受けていられる方のヒザの写真です

ヒザの手術を受けて人工靱帯になってから30年近く経ちますので、通常ならばヒザの変形が始まっていそうなものですが、変形はどこにも診とめられません。

スズキトリートメント治療では仙骨という骨盤の真ん中の骨をよく調整します。

 

 

 

*仙骨のバランスが良い
↓ 

*骨盤の筋肉が緩み、神経の伝達が改善される
↓ 

*膝の筋肉や関節の硬さが改善される。血行が良くなる。回復力が高まる。
↓ 

*足に踏ん張りが利くようになり、筋肉が膝をしっかり支えてくれる。
↓ 

*軟骨(半月板)にかかる負担が少ない為に、変形が起こらない。

 

もうすでに関節が変形していたとしても、変形してしまったカタチは元に戻りませんが、痛みなどの症状はかなり楽になるはずです。

(なぜなら、『関節の変形≠痛み』だからです。それが証拠に高齢者で痛みのない人の膝をレントゲンやMRIで診ると、症状がないにも関わらずほとんどの場合、変形が診とめられるのです。つまり、関節の変形があるから必ず症状が出るわけではなく、変形するぐらいに負担がかかり続けている為に痛みが出やすい状態になっている…そのことが多くの場合、重要な問題なのです。もう一度云いますと、関節の変形自体が諸症状の原因であることは意外と少ないということなのです。)

姿勢の調整によって膝にかかり続けている負担を軽減してあげれば、痛み等の症状は勿論それ以上の変形は多くの場合起こらなくなります。また、もう曲がらないと思っていた正坐が出来るようになってきます。(体操・ストレッチや普段の生活習慣を改善することも併せて行うことが重要です。)

*  但し、調整のある段階では膝に水が溜まることがあります。これは身体のバランスが変わってくる際に一時的に膝への負担が大きくなり炎症を起こす為ですが、しばらく調整を続けていくと徐々に治まってきます。

 

*  スズキトリートメント治療では、一般的に調整を始めてから初めの1ヶ月程度は週2回で施術し、2ヶ月目からは徐々に施術の間隔を空けていき最終的には2週間に1度の間隔で、身体のメンテナンスを続けていくカタチが最も理想的な治療スタイルとなります。

 

*  治療と同時に日常では、いつ・どのような姿勢が現在の骨のズレを作っているのかを検証し、防止していくことが最も重要な課題であり、患者さんと術者は伴にこれを究明していかなくてはなりません。

 

 

お問い合わせ

 

     月      火      水      木      金      土    日・祝
AM8:30~PM0:30      ○      ○      ○      ○      ○      ○       ×
PM4:00~PM8:00      ○      ○ 気功三鍼      ○       ○ 気功三鍼       ×
★原則、水曜土曜の午後の予約施術は気功三鍼法を二組限定の完全予約制で施します。
また、平日午後1時からは一日一組限定で気功三鍼法を完全予約制で承ります。

★それ以外の施術時間は、骨格骨盤調整(スズキトリートメント)は予約優先制と致しております。
(注1)初回の方は、お時間がかかりますので予約をお取り下さい。
(注2)スズキトリートメントを受けられるけれども予約をお取りでない方・基本施術のみの方は、お待ちいただく可能性があります。

〒579-8013
大阪府東大阪市西石切町1-11-30新石切駅前ビル1F

電話 (072)982-6226
休診  日・祝 
近鉄けいはんな線 新石切駅 5番出口降りてスグ 
近鉄バス 石切駅方面 新石切駅バス停前 

 

道家氣功教室を開催します!

平成29年4月23日(日)から、毎月第4日曜日に当院にて『道家氣功教室』を開催する運びと相成りました。

道家氣功とは?

古代中国の哲学者として有名な「老子」仙人を創始者とする、氣功法であります。
「老子」仙人を開祖としたこの気功法にはそもそも、その著書であるといわれる【道徳経】に書かれている「自然は神であり、我を無くして、自然と一体化しよう」という哲学を実践する方法として出来上がったものだと思われます。
これらのスゴ〜く奥深い世界の話を出来る限り簡単にシンプルに、お伝え出来るような機会を作りました!

そもそも氣功って何なの⁉︎どうなの⁉︎

「氣」と云うと何か不思議な感じを覚えたり違和感を覚えらる方も多いことでしょう…
かくいう私も、かつてはそのような考えでおりました。
でもあらためてちょっと考えてみると、日本語の言葉の中には「気(氣)」が入った言葉がいかに多いかに気づきます。本気…根気…病気…眠気…空気…電気…正気…生気…辛気くさい…陽気…陰気…などなど
何気なく使っている言葉の中に、こんなにたくさんある身近な「氣」というモノ。

昔の人は、電気も空気も目には見えないし測定も出来なかったので「何かあるけど、何かよくわからない不思議なモノ、力」といった感覚で「氣」という言葉を当てはめたのかもしれません。

現在は昔の人よりも、空気や電気の存在は科学でハッキリ認識出来るようになりました。
ただ残念ながら現代の科学をもってしても、いまだ世の中の自然の成り立ちのどれだけが解明されているでしょうか⁉︎
人間の体のことにしても、いまだに分からない事の方が圧倒的に多いのが現実です。

それなのに、分からないモノは証明できないから、無いものとしましょう!という考えは粗っぽい感じがします。
空気の存在を認識していなかった人たちが、空気は目に見えないし空気の存在を自分達は証明できないから、そんなもの無いんだ!と言っているようなものだと思えます。

でも「空気」も「氣」も気分を落ち着けて意識をもって感じれば、誰にでも身近にある当たり前のモノと感じられるでしょう…
「空気を読む」と言う時なんかの気は、まさしく「氣」を感じているのでしょう。
ただやはり目には見えないし現代科学では正確なデータ測定ができないので、そういう「氣」なんてことをわざわざ意識せずに通常は過ごしてしまっているのです。

古代から東洋思想や東洋医学では「氣」という概念は、何につけても大前提であるものです。
生きて行く上で、「氣」は絶対的に必要なモノなのです!
現代でも指圧や鍼灸、漢方などの名人の多くは「氣」を使って施術されています。

他人に対して「氣」を使って施術するのが「外氣功」、自分の身体の中で氣を巡らせて健康増進を図るのが「内氣功」といいます。

「氣」が自分の身体の中の隅々にまで滞りなく行き渡って巡っているとイメージしてみると、身体にいいような気がしてくるでしょう*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「氣功」を習慣にすると…

・疲れにくくなり、元気になる、やる気が出る、健康増進
・よく眠れるようになる
・集中力が出る
・自信がつくようになる
・感覚が研ぎ澄まされる
・リラックスして、気分が落ち着く
などなど

第1回 道家氣功教室
場所:金森整骨院内(クォンタム氣功普及会関西支部)
日時:4月23日午前9時開始予定、午前11時終了予定
費用:3,000円
講師:金森整体院 院長 金森精史(カナモリ セイジ)

氣功に興味はあるけど、どこに行ったら良いか分からない…という方向けに、今回は初めて氣功に触れられる方にも分かりやすいような講座にしていきます^ ^
お気軽にご参加くだされば結構です!

(※参加ご希望の方は、お手数ですが前もって当院へご連絡いただけるようにお願い申し上げますm(_ _)m)

専門的に学ばれる方向けに、専科コースも検討中ですので、ご希望される方はお問い合わせくださいませ!!!